引越し業者の選び方|費用をできるだけ抑えたい

業者の利用時のポイント

作業員

繁忙期をずらすだけでも料金が違う

引越し料金を少しでも安い料金にする方法として、繁忙期をずらすことで安くなります。とくに繁忙期である3月や年末の12月、9月から10月にかけては料金が割高になります。これらの時期を避けることで、あっと驚くほど料金が安くなります。さらにいえば、土日祝祭日も割増料金になりますので、平日に引越しを依頼することでも安い料金になります。しかし、自由にいつでも引越しとなるとなかなか出来る人はいません。引越しを就職や転勤、入学を機にされるのではなく趣味や気分転換で住む場所を変えることで楽しまれている方向けになります。なぜなら、無理に繁忙期に合わせることはないからです。

時間帯で安くすることができる

引越し料金は、作業開始時刻によっても安い料金にすることができます。安い料金になる時間帯は、午後の時間指定かフリー便といって時間指定をしないものにすることです。家族やお子様のいる家庭だとあまりにも夜遅い時間となると困ってしまいますので、荷物の量が少ない単身者でならなんとかなる時間帯になります。引越し業者の都合のよい時間帯に向かってくれますので、いつくるか分からないのです。夜遅くになってしまうケースもあります。夜遅くなってしまっても文句が言えないのがフリー便ですが、格段と料金は安くなります。ですが夜遅くになるというケースは少なく、大抵は夕方ころには完了してしまいます。なるべく出費を抑えたい単身者に向いています。